ベンチャーアワードebooks

地域産業における「創業」とは

本来、ベンチャー(venture)の意味は「冒険的な」という意味であり、現代では冒険的で新産業とも呼べる事業を創造する企業を「ベンチャー企業」と呼んでいます。その形は大企業からの分社化、または中小企業の事業転換によるベンチャー企業化や、そもそも一からスタートする起業、があります。大きく変わることのない基幹産業をベースに成り立っている市場の中において、基幹産業を取り巻くビジネスとして、ベンチャー企業による活動は経済の活性化や新陳代謝を促し、経済成長と雇用確保につながっていくのです。これからの新しい産業構造の在り方として、いまやベンチャー企業は地域産業にとって必要不可欠なカテゴリーとなっています。

福島県の創業支援

福島県では県・市町村を始め、創業支援機関が各地にあり、起業希望者を強力にバックアップしています。創業場所や優遇・助成制度、さらにはスキルアップのセミナー等も開催し、起業家を応援しています。しかし、そこには課題もあります。県内各地に創業を支援する団体や支援員が居るにも関わらず、どこに相談し、どのような支援策があるのかが分からない方(企業)が多く存在します。さらに噛み砕くと、営業をしたことがない方や商品(サービス)を提供したことがない方、支援策の存在でさえ知らないという方も多く見受けられます。

ここでは、創業支援サイト「ビズスタ」の紹介から、県内の「創業」に関する様々な情報誌を掲載することで、福島県内における創業者を情報提供の視点からバックアップします。